My Photograph World

orytra2009.exblog.jp ブログトップ

高校生最後の夏

1週間前のこと、僕は大学を受験した。

2つ上の先輩に写真が好きで、その写真がとても魅力的な先輩がいる。僕はその先輩がいる大学を志望した。

写真というか、絵というか、昔から何か物を作る仕事がしたかった。

小学4年のころ、図書室で読んだ「カーデザイナーになるためには」といった趣旨の本を読んでから、僕は「自分の一番好きな車の仕事なら、自分がデザインした自動車が街を走ったら面白いだろう」なんて思って、カーデザイナーを目指した。

でも、やっぱり僕には絵心が無くって、結局あきらめた。丁度あきらめて将来やりたい事なんぞ無い時に先輩に写真に出合ったんだと思う。

中3の中体連明けに部活を変え、美術部で写真を撮ったり、絵を描いたりして、文化祭の時期になれば、写真同好会として写真展をやって、イベント事があれば記録撮影をして・・・

次第に行事では写真を撮ることが任されるようになり、友人の外部バンドでの写真も撮ってほしいってお願いされたり、アー写(アーティスト写真)を撮ったりして。写真を通じて今までならやれそうもなかった体験を一杯させてくれたのは間違いない。

あぁ、美術部の顧問の先生にも、ギャラリーでの写真展を案内されたりして写真を撮ったりもしたっけな・・・

そんな感じで、僕は高3の夏休み前まで過ごしてきた。

周りの人が、たとえ愛想笑いだとしても嬉しいと言ってくれたことは僕にとってもすごくうれしかった。
これからも誰かを写真で応援するというか、楽しませたり喜ばせたり出来ればいいな、と思った。

だからこそ、今まで撮ってきた写真を課題として1冊のクリアファイルにまとめて、自分の思いを文章にして大学に送った。

そして先週、面接を受けた。

面接の1週間前から、高校から課されていた課題やら趣味やら、全く手がつかない状態だった。
一番心が落ち着いてたのは、とにかく寝てることだったのかもしれない。 いや、結構寝た。
前日から胸がものすごく痛かったし、気分も不安定だった。多分、剣道の初段審査以来の緊張だったと思う。

当日、レッドブルを飲んで気合い入れて、新幹線の中でエントリーシートやら事前に考えた予想質問内容を復習したりして、それでも緊張は解けなく、むしろより緊張していた。
学校には、集合時刻の40分前には到着して、「写真を愉しむ」って本を読んだりして時間をつぶした。
前の受験者が呼ばれ、身支度をした時、何もしてなくても心臓の鼓動を感じた。
ものすごく、早いペースでドクドクと言っていた。胸のあたりが動いてるのが目でも分かった。
そして僕が呼ばれ、あっという間に面接をして、気が付いたら15分後。
近くのマックで自己反省会をした。

① 早口でしゃべってしまった。
② 志望理由を聞かれた時、「理由は○○です」と言っただけで話を切ってしまい、微妙な間をあけてしまった。
③ 試験時間の15分よりも早く質問が切れてしまい、面接官が質問に悩んでいた。
④ 時間が余ったので「何か要望とかない?」って結構そうそうに聴かれてしまった。

こんな感じだっただろうか。僕はこの時、大分失敗してるって思った。
意気消沈しつつも、帰って翌週水曜日の発表まで心の波をたてないように過ごした。

発表当日、開示時刻は日本史の授業中だったが、携帯を見てもいいと、日本史の先生が言ってくださったのでネットの速報版を見た。

「合格」の2文字を見た時は嬉しさと、これからどうすればいいのだろうか、という不安に駆られた。正直複雑な気持ちだ。

それは今でも変わらない。周りは来年の一般入試やセンターに向けて勉強している。
そして自分は合格したといえど、この学校へ今一般入試を受験したら確実に落ちるであろう成績だろう。

だからこそ、受かった今だからこそ、せめて一般入試で受験した人たちと同じレベルまでは上げたいと思った。
勿論、勉強だけでなく、写真のセンスや視点を変える方法だって知りたい。

だからむしろ、気が引き締まる思いだった。
とはいえ、こうやって今の自分を振り返ることができるのも合格したおかげ。

私の大学合格に関して、さまざまなアドバイス、叱咤激励をしてくださった皆さん、そして先輩!

本当にありがとうございました。無事、合格できました。
ただ、まだまだ力不足なので、これから出来るだけ埋めていこうと思います。また迷惑をかけるかもしれません。その時はどうぞよろしくお願いします。

来年、厚木で勉強できることがとても楽しみです。

c0219738_2563073.jpg

[PR]
by ory_train2009 | 2012-08-31 23:19 | 学校
line

暗くても、前へ。


by ory_train2009
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30